田舎のおじさんが気になった事を書いています。

田舎者のブログ

行事

3月に卒業式があって4月に入学式があるけどそれは日本だけなのか?

「卒業式」の画像検索結果

先日子供の卒業式に出席したのですけど

私たちはもちろん3月に卒業して4月入学式が当たりまえの世代なんです。

 

でも、海外では9月入学とかが多いとか

日本は昔積極的に欧米文化を取り入れたけど

そこは取り入れなかったのかい?

 

と少し疑問に思ったのです。

正直なんで?

 

最初は9月入学もあったらしいよ。

「桜 イラスト」の画像検索結果

今よりもっと昔の世界ですが

明治より昔の江戸時代のことです。

 

その頃は学校といえば寺子屋がほとんどだったようで

その寺子屋では随時入学が一般的だったようです。

勉強をしたい人がその都度入ってきたんですね。

 

江戸時代とかは農業が中心のはずですし

勉強よりもダイレクトに収入につながる農作業が大切だったんですね。

 

そうこうしていると明治になってきます。

ここから欧米化ですね。

日本は欧米を参考にしはじめます。

 

それは学業も違いなく

じゃあ学校はいつから始めよう!

そう考えると欧米は大体9月はじまりです。

 

よっしゃ!

9月から始めようと最初は始まったらしいけど

そこに別に事情が出てきました。

 

明治の中盤になると会計年度が決まってきた。

カエル 財政 富 資本 コイン 紙幣 金銭賞 利益 符号 バックグラウンド 図 お金 おもちゃ 迷信 繁栄 ヒキガエル 現金 ドル 百ドル マーケティング 広告 動物相 両生類 爬虫類 ランディダエ スケーリングされた爬虫類

明治も中盤になってくると

お金を計算しないといけないねー

ということになってきますよね。

 

ここからここまでのお金はこんだけ!

みたいなことを決めていかないとどんぶり勘定ではイケナイと

そこでここからここまでいくら使えますよという会計年度が設置されちゃう。

 

その会計年度の期間が4月から3月に決まったのね。

もちろん学校も運営するのにお金がいるでしょ。

そのお金国から頂戴といただかないと校舎も建てられないよね。

 

ですからお金頂戴と言うとちょっと待ってお金は4月からだよーって

そういわれると9月はじまりより4月はじまりのほうがお金がもらいやすい!

そうなっちゃう。

 

今よりもずっと国が強かった時代なのかなぁ。

いわゆるお上ですよね。

まあ、当時は9月にこだわることもなかったのかい?

 

ということで今で言う大学の一種である高等師範学校が国から4月から始め!

と言われると全国にあったほかの師範学校も右にならえで4月はじまり

になったようです。

 

そりゃ1校だけ9月ってわけにはいかないでしょうね。

特に当時国から金もらっていればね。

 

でも、それによって恩恵は受けたかな?

 

「桜 イラスト」の画像検索結果

正直かなり恩恵を受けた!

という印象はないけど

 

みんなと話すときに必ず出てくるのは桜が咲いていたですよね。

そうなんです。

 

たいていの学校では校門等に桜が植えてありますよね。

それが正直一番印象に残っているかな。

 

皆さんは入学式の印象はどんな感じですかね?

 

 

-行事

Copyright© 田舎者のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.