田舎のおじさんが気になった事を書いています。

田舎者のブログ

健康

坊主にするにはバリカンが一番ですよ。散髪代も浮いて一挙両得です。

ずっと坊主にし始めてもう10年ぐらいになるでしょうか

坊主と言うのは髪型としては一番簡単ではないですか?

バリカンでバリバリと刈っていくだけで綺麗になっていくんですから

頭も清潔で痒くもならないですよ。

 

大体坊主にするというのは勇気がいつものですよね

なぜかって?

坊主は最近は市民権を得てきたけど

昔は坊主と言えばあまりいい印象を得られませんでした。

 

どうしようか?

そう考えていたので最初は坊主にするのをかなり迷いました。

髪の毛が命の若い頃はホント髪の毛毎日セットして固めて

パッツンパッツンにして遊びに行ったけど

年取ってくると髪も少なくなってきますよね。

こんな感じで笑顔で入れたらいいけど

ハゲと言うイメージは日本ではあまりよくないから

ハゲと坊主

どっちがいいか?

どっちが印象が良いのか?

よーく考えてみると坊主がハゲよりはいいよなー的なノリで

バリカンを使って一気に刈ってしまいました。

 

最初は5ミリぐらいから始めました。

そうではやっぱり恥ずかしいので

少しぐらいは残しておこうというささやかな抵抗ですね。

それが3ミリになりだんだんと短くなっていきました。

もちろん髪の毛が薄くなっていく過程に沿ってですがね。

 

しかし年の訪れは残酷なもので

少しずつ髪の毛が薄くなって行きますよね。

ついにバリカンのアタッチメントを使用しなくなってくる時がやってきました。

 

じょりじょりって気持ちのいい音が鳴ってきました。

でも、綺麗に刈るのって結構難しいんですよね。

いわゆる虎刈りになるんですよ。

さすがに虎刈りは恥ずかしいから

鏡であっちこっち見ながらじょりじょり

 

初めは人の手を借りないと綺麗に刈れませんでしたけど

それがもう10回もしてくると

少し綺麗に刈れる勘所がわかってくるんですよ。

だいたいこの辺が刈り残る

ってのがわかってくるんですよね。

 

でもこれだけいいことが揃っている坊主ですけど

短くすると綺麗に揃えのも快感になってくるけど

なんといっても頭を刈る間隔が短くなってくるのが

一番の難点ですね。

 

そう伸びてくると見栄えが悪くなってくるんですよね

3日に一度ぐらいは刈らないといけないような状況になりますよ。

それがめんどくさいと言えばめんどくさいですね。

-健康

Copyright© 田舎者のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.