田舎のおじさんが気になった事を書いています。

田舎者のブログ

健康

一体どっちだブルーライトは目に悪いのか悪くないのか?

スマホやパソコンが登場して以来ブルーライトなる言葉が出てくることによって

やたらとブルーライトは目に悪いと繰り返されてきて

かなりの悪役になってきたブルーライト。

 

先日もブルーライトに関する記事で

スマホやパソコンなどのデジタル機器から出るブルーライトは、

その光がかなり強いエネルギーを持つ光であることによって、

長時間ブルーライトを見続けることにより

眼や体に様々な障害を及ぼすと言われています。

と言うような記事がそこらに出ていますけど

その根源は一体どこなのか?

それならそれぐらい悪いのか?

その検証結果は?

それが結構疑問に感じまして

 

その悪いと言われるネタ元がトレド大学による実験結果によるものだそうで

ブルーライトを浴び続けることで網膜にある「レチナール」という物質が毒性反応によって変化し、光受容細胞を攻撃するようになることが判明しました。

これがかなりのネタになったのは間違いないという事ですが

これには最近反論が出てきまして

ブルーライトは視力の悪化には関係がないとの報告が。

 

これはどこが言っているかと言うと

米国眼科学会(AAO)がはっきりと言っているもので

スマートフォンのブルーライトは視力を低下させない

これの根拠がそのトレド大学の実験の反論からなるもので

まずは目の細胞と言われる特定の化学物質(レチナール)なんですが

これが実際の目から由来している細胞をしようしたものではない

実際に目が光りにさらされる状況ではなかった

 

また、実際にの目にはこの種の目に悪い光に対する保護機能が備わってい

なのでブルーライトでは目は失明はしない。

とのこと。

 

なので実際にブルーライトが目に悪さをして病気にするとか

めに悪くて浴びると目を失明するというのは言い過ぎのようです。

とはいってもどちらが本当なのか?

気になりますよね。

 

しかし、ブルーライトを制限するのは健康を意識するなら効果的

しかし失明の恐れが無くなってもブルーライトを浴びることの

健康への弊害はあります。

 

それは何かというと睡眠の質が悪くなるという事

つまりは寝る前はあまりスマホ、パソコンなど見過ぎない事

寝る直前まで見ていると眠りが浅くなったり

寝れなくなることはあるそうです。

 

スクリーンを見ることによってまばたきの回数が減って

目が乾燥するのはやはり間違ってないようです。

それによって疲れ目やドライアイになりやすいのは

以前から指摘されていた項目ですけど

それが続くと目に良くないので

ある一定の間隔で休憩を取る

しばらくスクリーンを見るのを止める

これには気を付けた方が良いですね。

 

どちらにしても色々なニュースが出てくるのは評価が定まっていないからか?

でも、昔から過ぎたるは猶及ばざるが如し

と言うことわざもありますからほどほどにスマホ、パソコン

付き合って言った方が良いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

-健康

Copyright© 田舎者のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.