田舎のおじさんが気になった事を書いています。

田舎者のブログ

健康

正直脚気ではないかと疑ったぐらい足がだるいのでビタミンB1不足による脚気かなと思ってしまった。

毎日、毎日ご苦労さんと言いたいぐらいに頑張っている足ですが

ここ2,3年と言うか気付いたころから足がだるくて

特に夏なんですけどかなり足のだるさがひどくなってきまして

そこから体全体がなんとも重く、それとともに気持ちも萎えてきて

ヤル気が起きないという事を繰り返してきました。

 

一体これは何が原因なのか?

今まで本格的に調べたことはなかったのですけど

ちょっとこの記述が気になって

ビタミンは、微量でも人体の機能を正常に保つために欠かせない栄養素です。体内でほとんど作ることができないため、食物として取り入れる必要があり、極端に偏った食事を続けたり病気によって十分な食事ができない場合、ビタミンが不足してさまざまな症状を引き起こします。

どのような症状があらわれるかは、ビタミンの種類によって異なります。主なものとしては、ビタミンB1不足による脚気・ビタミンC不足による壊血病・ビタミンA不足による夜盲症・ビタミンD不足によるくる病や骨軟化症などがあります。このような明らかな病気までいかなくても、ビタミンの不足によって日常的に身体の不調を来している状態を、潜在性ビタミン欠乏症と呼びます。

ビタミン欠乏症 | e-ヘルスネット 情報提供 - 厚生労働省

これは?

この記述を見た際にこれは私が悩んでいることと何が違う?

それが素直な感想でした。

これがいわゆる
ビタミン欠乏症(びたみんけつぼうしょう)
ビタミンを含む食品の摂取不足・吸収障害・必要量の増加などで起こる症状。不足したビタミンの種類によって特有な症状を呈する。

ビタミン欠乏症 | e-ヘルスネット 情報提供 - 厚生労働省

もしかしてと言うよりこれはもう確信的にこれに近いなと

ビタミン不足ではないかと思うのは当然ですよね。

でもビタミン欠乏症ってどんなもの?

特にビタミンB1欠乏症ですけど

ビタミンB1の1日所要量は摂取エネルギー1000kcalあたり0.4mgとされています。脚気は、以前はビタミンB1の欠如した精白米を常食することによって、軍隊や学生で多くみられましたが、最近はインスタント食品の普及により、極度の偏食をする人にもまれにみられます。

ヨミドクター

それほど偏食をしているわけでもないと自分では思っていますが

はっきりとは言い切れませんけど・・・

脚気の自覚症状として、全身の倦怠感、動悸、手足の浮腫(ふしゅ:むくみ)やしびれ感、感覚異常、筋力低下、腱反射消失や脚気心(かっけしん)と呼ばれる心不全が起こります。

ヨミドクター

そうそう全身の倦怠感とむくみが顕著にありました。

正直疲れがたまってきているのかなー?

ぐらいにしか考えてなかったので

ちょっと茫然状態でした。

そこでビタミンが不足ならビタミンを摂取しようという考えで

ビタミン剤特にビタミンB1を摂取しました。

正直今購入できるのでビタミンB1に特化しているのは

これしか私の近所では売っていなかったのでこれを購入しました。

するとどうでしょう。

 

楽になったんですよ。

面白いぐらいにね。

自分でも正直信じられませんでした。

 

確かに子供のころから足の膝の部分を叩いても足上がりませんでした。

その時はそんなに気にしていませんでしたけど

もちろん診断の時のお医者さんも気にしてませんでしたけど

これでやっぱりビタミンB1不足だったんだなと言う結果かなー

でも、やっぱり足のだるさが治ってよかったです。

 

-健康

Copyright© 田舎者のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.