田舎のおじさんが気になった事を書いています。

田舎者のブログ

仕事

ほー、ついに70歳まで働かないといけなくなるのか?

60歳以上定年
従業員の定年を定める場合は、
その定年年齢は60歳以上とする必要があります。(高年齢者雇用安定法第8条)

60歳以上が一応の定年なんですね。

これだとそう書いてあるのね。

そう読めますよね。

次に。

定年年齢を65歳未満に定めている事業主は、その雇用する高年齢者の65歳までの安定した雇用を確保するため、「65歳までの定年の引上げ」「65歳までの継続雇用制度の導入」「定年の廃止」のいずれかの措置(高年齢者雇用確保措置)を実施する必要があります。(高年齢者雇用安定法第9条)

65歳までは働けるのね。

と言うか働ける環境に会社をしなさいという事?

でいいのかな?

さらに書いてあるのが

「継続雇用制度」とは、雇用している高年齢者を、本人が希望すれば定年後も引き続いて雇用する、「再雇用制度」などの制度をいいます。この制度の対象者は、以前は労使協定で定めた基準によって限定することが認められていましたが、高年齢者雇用安定法の改正により、平成25年度以降、希望者全員を対象とすることが必要となっています。
なお、継続雇用先は自社のみならずグループ会社とすることも認められています。

なるほど65歳までは働きたい意欲があれば65歳までは働かせてもらえる

という事だね。

でも、65歳まで働かせなくても罰則はないようだね。

そこがどうも納得いかないけど

助成金等は65歳までの雇用を行うことで

もらえるみたいですけど

罰則の無い規則はなかなか守られないような気がします。

今でも罰則ないのに70歳雇用は本当にできるのか?

 

 

 

-仕事

Copyright© 田舎者のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.