田舎のおじさんが気になった事を書いています。

田舎者のブログ

健康

梅雨の時期の食中毒何に気をつければいいのか?

夏

夏の青空最高に気持ちがいいですよね。

でもその前に梅雨の時期が来ちゃいます。

雨だけならまだしも体の変調にも注意しないと

夏までに体を壊すこともない事ではないですよ。

梅雨の時期は食中毒にご用心

腹痛

食中毒の主な原因である細菌は、気候が暖かく、湿気が多くなる梅雨から夏にかけて増殖が活発になります。とりわけ、食肉に付着しやすい「腸管出血性大腸菌(O-157、O-111など)」や「カンピロバクター」、食肉のほか卵にも付着する「サルモネラ」による食中毒の発生件数が目立ちます。

全国健康保険協会

なんか毎年聞いたような名前の細菌が並んでいます。

聞くだけでも恐ろしいのに実際にかかると大変です。

自分だけならいいのですが家族ももちろん巻き込みますので

後々まで尾を引きます。

食中毒にはどのような対策がいいのか?

手

厚生労働省では、「食中毒菌を『つけない』『増やさない』『やっつける』」を食中毒予防の3原則として掲げています。

厚生労働省

このつけないというのは菌を手や調理器具等に出来るだけ

つけないようにするということです。

 

帰ってきたらまずは手洗いうがい。

調理器具は料理にしようしたらきちんと洗浄すること。

 

増やさないというのは細菌を増やさないということ。

 

食品は冷蔵庫に適切に保管して細菌を増やさないように

すること。

冷蔵温度を10度以下にして購入後はすぐに冷蔵庫に入れること

そして冷蔵庫は食品などでいっぱいの状態にしないこと。

詰めすぎると冷蔵庫の温度が適切に保てません。

 

やっつけるとは菌をその字の通りやっつけることです。

 

最近は熱に非常に弱いので熱調理すると簡単に殺菌できます。

なので肉や魚は適切に熱を加えて調理して菌の発生を

抑制しましょう。

そして使用したまな板や調理器具は熱湯などで洗うと

一層効果的です。

 

これからの梅雨の時期これだけしても安心はできません。

どこから菌が来るのかわかりませんから

特に乳幼児は重症化の恐れがあるのでご注意して

あげてください。

-健康

Copyright© 田舎者のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.